ネット証券おすすめ AstroTech Software

ダウとの関係

ダウとの関係 ネット証券おすすめ

出来高に赤い丸をしてあるところを見て欲しい。

 

出来高の急増は、トレンドの転換点に出現する。

 

先週の金曜日の出来高が急増している。これは大口の投資家が売り抜けたサインである。

 

近々何か大きな出来事が発生し、株価が暴落するかもしれないので要注意だ。

 

最近の株価上昇は、経済が回復したためではなく、単に中央銀行がデフレ回避のために、自国通貨を大量に発行したためにお金が市場にジャブジャブになり、そのお金は一般市民へは回らず、ヘッジファンドなどに流れ込み株価が上がっているに他ならない。この状況は、1929年の世界恐慌前夜と同じ状況であることを認識すべきである。

 

 

FRBはアメリカの中央銀行ということになっていますが、実は国立銀行ではなく民間の大銀行がトラストを組んだものです。その背後にはロックフェラー・グループが控えています。このFRBをつくるときに尽力したのがヴァールブルグというユダヤ人で、ヨーロッパの国際金融資本家・ロスチャイルドがアメリカに使わした人物だと言われています。
ロスチャイルドは当時、「FRBを支配することができれば、アメリカ国家を簡単にコントロールできる」と言っていたのです。
 いまやFRBがお金の力で世界最大・最強の国家であるアメリカを支配し、そのアメリカが軍事力と金融力で世界を支配しているのが今日の状況です。第2の世界大恐慌をつくり出す素地は十分にできあがっていると見るべきでしょう。そして、今日の世界における通貨膨張(カネ余り)と株価高騰現象は、いずれ世界的な株価大暴落とそれに続く大恐慌につながるステップではないか――と私は見ています。株式投資で一攫千金を夢見ている人たちは、大やけどをするまでに早く目を覚ましていただきたいと思います。しかしながら、もし大恐慌ともなれば、その被害はすべての国民に及ぶことになるのです。 


ホーム RSS購読 サイトマップ